« 消え行く威風堂々 | トップページ | 江ノ島灯台の皆様! »

2006年8月31日 (木)

1963・夏合宿トレーニング

196309 1963年の夏にサイクリング同好会を部に昇格させるため、群馬県・渋川から山梨県・小淵沢までの一週間に亘る合宿をしました。たいへんな強行軍で3日目あたりには、全員疲労困ぱい気味となり、監督の先輩も初めての体験であり、戸惑うこと多岐にわたったようですが、それでも何とか全員、事故・怪我もなく無事終了しました。

この写真は、本番合宿の一月ほど前に、三浦半島で実際とほぼ同じ荷物を載せて模擬走行したときの様子です。この年は翌年の東京オリンピックを控え、東京は無論のこと、横浜・湘南エリアも道路拡張・舗装工事で、てんてこ舞いの年でありました。ですから、この道路のように自転車のタイヤなどお構いなしといった状況が延々と続き、参加した全員が転んだり、路肩に乗り上げたり、と、実地訓練そのものといった練習が3日続きました。この体験があったものですから、本番の合宿では思い荷物を載せたにも拘らず、全員みごとな乗りっぷりを披露することとなりました。

この写真、今見てもそうとうひどい路面状態です。にも拘らずショーツを穿いているのは、生意気な年頃の粋がりの雰囲気をよく表しています。自分で云うのもおかしいのですが、この頃私は自他共に認める健脚自慢でしたから、こんな坂道でもたかだか前後10段変速を使いこなして、登り切っていました。無礼な自動車がもくもくと埃を立てて走り去ると、暫く立ち止まらざるを得ない状況が頻繁で、走っては止まりの連続で、なかなか予定の地に到着できず、毎日くたびれっ放しでした。・・・懐かしい43年前の、埃まみれの思い出です。

|

« 消え行く威風堂々 | トップページ | 江ノ島灯台の皆様! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/2771928

この記事へのトラックバック一覧です: 1963・夏合宿トレーニング:

« 消え行く威風堂々 | トップページ | 江ノ島灯台の皆様! »