« ブルーグラスの傑作! | トップページ | 大入り袋の潔さ! »

2006年9月23日 (土)

サントロペ・1960

196001_1 196002_1 1950年代の終わりから1960年代のはじめにかけて、フランスの避暑地・サントロペは(http://www.geocities.jp/mistral83260/sttropez.html)夏のバカンスの頃ともなると映画・小説・絵画などのアーティストが集まっては、それはそれは今となっては羨ましい毎日が過ごせたという話です。フランソワーズ・サガン、ブリジッド・バルドー、ピカソ、ジョニー・アリデー・ルイデュフェネス・アランドロンなどの各界面々が集まって朝から深夜まで一緒に過ごす様子など、この頃の日本では考えられなかったのでしょうが、それでも戦前の軽井沢には似たような集まりがわずかの間ながら存在したそうですし、私が記憶している1960年代後半の旧軽井沢・水野などの店にはそのような気配が少しあったようです。

この1960年(http://www001.upp.so-net.ne.jp/fukushi/year/1960.html)を中心とした時代は世界が大きく転換していくエンジンとなった年のようで芸術を中心とした文化面でも政治・社会面でも新旧交代のうねり現象が各国で見られたようです。とはいっても個人は極めて不安な存在ですからこのように集まっては、今で云う異業種交歓会を毎日開いて、喧々諤々と感性エネルギーの衝突を繰り返していたことでしょう。そういえば日本でも1985年から始まるバブルの頃、恵比寿にあった畳屋を某企画会社が買い取って大手企業から中小メーカー、それに各界の有識者、芸能人までも目ざとい連中が毎晩集まってはビジネス・エンターティメントの潮流を話し合い、おいしい話がないものかと飲み・喰い続けた場所もありましたが、サントロペの宴会はもっと純粋に、次の時代を引っ張っていく気迫と余裕が見てとれ、高い志の熱気が伝わってきます。

今では時代のエンジンたる若い世代が、「熱き思いを語るような集まりには参加すること自体が恥ずかしいことです」などと言って、携帯メール程度で他愛無い思いを打ち明けるのに精一杯のご時勢ですから、それから見れば45年ほど前は、どこも熱かったのですね・・・。

|

« ブルーグラスの傑作! | トップページ | 大入り袋の潔さ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/3056330

この記事へのトラックバック一覧です: サントロペ・1960:

« ブルーグラスの傑作! | トップページ | 大入り袋の潔さ! »