« 吉村順三ギャラリー | トップページ | 絶景!愛宕山 »

2007年1月12日 (金)

Kodak Starmite Camera

Img_3905 1960年代のアメリカを代表するプロダクト・デザインの王者、Kodak社の可愛いStarmite Cameraは35ミリフィルム全盛期を迎えた頃にあって、ちょっと時代の波に出遅れた感がありますが、それでもアメリカの田舎の観光客には人気のあったカジュアルなカメラです。その頃の田舎の雑貨屋(General Store)にはたいてい置かれていたようで、このカメラの横には食品や家庭雑貨などが並んでいたと勝手に想像すると、日本では考えられない流通経路が存在していたのですね。このカメラは127フィルムという特殊サイズを使用するため、その入れ替えが面倒でしたし、販売しているところも限られていましたけれど、全体のプロポーションとアルミ・プラスティックのコンビネーションがいかにも1960年代のアメリカを彷彿します。1960年代からアメリカの音楽に惹かれていったのと併行してアメリカのファッションや道具などに興味を持ち、その後1970年代のMade in U.S.Aカタログが発売された頃をピークに、あれやこれやと買い求めましたが、結果、衝動買いをした殆どのものを此処10年ほどで、処分しました。今、手元に残っているものを見ると、やはりその時代の空気感と自分の過ぎてきた思い出が何処かに宿っているものばかりであります。

このカメラも、ドイツのライカと比較すればその重厚感・存在感・職人技には太刀打ちできませんが、コカコーラと同様、記号としての大衆消費文化の象徴としては、アメリカのコダックに軍配が上がりそうです。

|

« 吉村順三ギャラリー | トップページ | 絶景!愛宕山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/3525519

この記事へのトラックバック一覧です: Kodak Starmite Camera:

« 吉村順三ギャラリー | トップページ | 絶景!愛宕山 »