« セザンヌの目線! | トップページ | 芝高輪南町・島津家下屋敷 »

2007年1月19日 (金)

渋すぎる!親父のコート

Ranch_coat01 私世代が、今年は大量に定年を迎え、元気でアクティブな還暦世代のライフスタイルは今後・・・などと巷ではあおり、騒いでおりますが、当人たちはどんな気分でいるのでしょう。確かに人数の多さは半端ではありませんが、かといって、ジャーナリズムで騒がれるほど、決まったパターンで生きてきたわけでもなく、ましてや、ビートルズ世代などと呼ばれるのも如何なものか・・・などと思ってしまいます。高校時代、ひとクラス45人もいて、それが9クラスもありましたから、割を食ったクラスなどはまともな教室もなく、散々な眼にあってきましたし、ビートルズに現を抜かしていたのはひとクラスの中でもせいぜい3~4人程度でありましたから、殆どの人は静かで守旧派の生徒でありました。

さて、急に話の展開が変わりますが、最近のメンズ・ショップはやたらと絞り上げた細めのスーツばかりが席捲していて、洒落たすこしゆとりのある高質素材のコートやジャケットなど探しても、なかなか見当たらないのが私は不満であります。かといって、Free&Easy誌に見られるようなアメリカン・ヘビーデューティーなティストにも懐かしさはあるものの、それを着こなす体力・根性も薄れていますから、ここはとりあえず、ローズ・ドーレに近い赤系のメルトン生地で出来たランチ・コートでも作ってみようか・・・などと考えています。なにしろ、既成の中高年のコートやジャケットなどは、アースカラーに代表されるような暗く汚い色のものが主流ですから、中高年がぞろぞろ散歩している町などは、その環境までもが暗く憂鬱な空気に覆われてしまいます。ファッションも集団となると、環境の一部となりますから、せめて自分だけは、町を明るくしようなどと思い、この現状に納得できないのが本音であります。

|

« セザンヌの目線! | トップページ | 芝高輪南町・島津家下屋敷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/4922189

この記事へのトラックバック一覧です: 渋すぎる!親父のコート:

« セザンヌの目線! | トップページ | 芝高輪南町・島津家下屋敷 »