« リチャード・サッパーの置時計 | トップページ | 今宵、フィッツジェラルド劇場で! »

2007年2月28日 (水)

1906・スコットランド自動車レース

1906_devils_elbow_scotland_1 1906年(http://www001.upp.so-net.ne.jp/fukushi/year/1906.html )ですから明治39年の写真です。もうこの頃からスコットランドでは自動車レースが盛んなようでして、観客の姿もなかなかのトラッドの薫りが蔓延しています。Devil's Elbowと地元で呼ばれているその名のとおりの難所のカーブを曲がっている瞬間の一枚ですが、何故このように、絵のような構成美の被写体として収まるのでしょう。

 私などは、自動車を操る人よりもそれを取り巻く群衆の風俗に目が行ってしまいます。その昔、VAN JACKETが流行の発信企業であった頃に、ブリティッシュ・トラッドに心酔していた社員のくろす・としゆき氏が立ち上げたKENTブランドの基本アイテムがこの写真には一杯あふれています。その筆頭、ノーフォーク・ジャケットの着こなしも流石といったところでしょうか。自動車そのものが良い趣味の筆頭であった頃ですから、人生を楽しめるゆとりのある方ばかりが此処には写っているのでしょう。ですから、被写体の中には、間抜けな輩が誰一人として登場していません・・・。当時の最先端の科学とエンターティメントが合体したこのレースを真剣な眼差しで見つめる人の風貌には、間違いなく次世代は自動車の時代であるとの確信が、見てとれます。

 風俗写真に陥らない、歴史の証人としての写真には、偶然のなせる何かが瞬間的に凝縮しているからこそ、人それぞれの写真の読み方を愉しむことが出来るのであります。

|

« リチャード・サッパーの置時計 | トップページ | 今宵、フィッツジェラルド劇場で! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/4095645

この記事へのトラックバック一覧です: 1906・スコットランド自動車レース:

« リチャード・サッパーの置時計 | トップページ | 今宵、フィッツジェラルド劇場で! »