« 1956年の日記より | トップページ | 元箱根・幕末 »

2007年2月 8日 (木)

陽だまりの犬・鳥

Img_5719 朝の日差しが入り始めるのは南側にある大木のおかげでやや遅れ気味なのが悩みの種であります。我家のケアンテリアと文鳥もそこのところは心得ていて、一番先に犬が温かい場所を陣取り、後から私が文鳥の籠を置きます。犬も馴れない内は鳥に向かい吠えることもありましたが、最近はほぼ、このような仲良し状態であります。このまま、余程のことがない限り、30分近くじーっとして温かいありがたさを享受していますが、お互い、何を考えているのか、この雰囲気を見ているのも、面白いものです。たまに、猫が庭を通りかけても、この犬は泰然自若としていて、小柄ながら堂々とした目線で、追っているだけです。

|

« 1956年の日記より | トップページ | 元箱根・幕末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/5203561

この記事へのトラックバック一覧です: 陽だまりの犬・鳥:

« 1956年の日記より | トップページ | 元箱根・幕末 »