« 正しい中古カメラ店とは! | トップページ | スイスのポスター »

2007年3月10日 (土)

日本橋・丸善、お待たせ

Img_6041  Img_6043Img_6051

3月9日、金曜日は日本橋丸善の相当お待たせのリニューアル・オープンでした。午前中の仕事を終えて、京橋から丸善に向かいましたが、いました、いました。真っ白に黒の丸善マークというシンプルな紙袋の皆さんが・・・。店に近づくと川原亜矢子のサイン会の長蛇の列・・・、そして日本橋に戻ってきたエグゼクティブの諸氏とオジサン連・・・、高島屋の向かいが開いてない間は街としての形が成されていませんでしたが、これでようやくと思い上を見ると、おっとっと、プラスティック製の照明機能付きの看板が!!!。これって日本橋の掟破りと言われてもしようのない、大失策では。此処自体が丸善の創業地ですから、なにもそこまでしなくてもと思うのであります。日本橋の地盤沈下の起死回生を図ったインパクトを表現しようとしたのでしょうが、これひとつで、大阪弁を使うなら「何か、ちゃうんとちゃう」という感じなのですが・・・。

それでも店内の特選文具では、イギリスのYARD-O-LEDの銀細工職人の彫刻実演など、老舗ならではのイベントも数多く、そこらの店とは一味違う実力発揮のオーラが満載であります。

Img_6042 ただ、丸の内店にも云えるのですが、オープンストック重視のため、本が背高く出しゃばり過ぎて、昔の丸善のイメージを描いて来店すると、帰りには肩が凝っていること間違いなしでしょう。

|

« 正しい中古カメラ店とは! | トップページ | スイスのポスター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/5630862

この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋・丸善、お待たせ:

« 正しい中古カメラ店とは! | トップページ | スイスのポスター »