« ジョージ中島の線描! | トップページ | スイスのいろは坂! »

2007年3月16日 (金)

広尾・山田屋の煎餅

Img_6053 もう既に、煎餅といえば此処と決めてから30年近く経ちました。

この数年、自転車で都心の徘徊をしていますと、本当に昭和の薫りを遺した店が消えていく速度が物凄いことに気づいてから記録に残すよう努めています。この日も店主に怒られることを承知で、写真に記録しました。

この日、お遣い物を買いに久しぶりに広尾の『山田屋』さんにお邪魔しました。ご覧のような、嬉しくなるほどの煎餅屋さんの鏡のような設えであります。いつも店を仕切っていた奥さんは風邪気味ということでこの日はご主人が慣れない手さばきで煎餅を一枚ずつ袋に容れてくれました。

Img_6056Img_6055  この周りもすっかり国際色豊かな店が侵食してしまい、ほんの数年前まで、私のような『昭和好き』にとっては悪くない街並みだったのですが・・・。この店と隣の和菓子屋、少し離れたお茶屋さんだけが、昭和の残影を映しています。

|

« ジョージ中島の線描! | トップページ | スイスのいろは坂! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/5639121

この記事へのトラックバック一覧です: 広尾・山田屋の煎餅:

« ジョージ中島の線描! | トップページ | スイスのいろは坂! »