« 根津神社のつつじ! | トップページ | もう夏が待ち遠しい!!! »

2007年4月22日 (日)

広重・湯島聖堂

201_44 春爛漫の頃、御茶ノ水界隈を基点とした都心の自転車徘徊ほど、季節の薫りを享受できるものは、他の交通手段には今のところ見当たりません。

車を運転していては気付かない都心の坂の勾配や、意外ときつい午後の風など、自然の為せる小技と格闘するにも、やはり高速自転車が最高のマシーンであると自分では思っています。

この広重の版画に描かれた湯島聖堂近辺も、江戸情緒を偲ぶのになかなかのロケーションでありますが、この版画の左に描かれた山はずいぶんと誇張されて描かれているなー、と思っていたのですが、幕末のお台場を築くために、御茶ノ水の山を削って、神田川経由で運んだ事は史実ですから、それ以前はきっと、このような眺望だったのでしょう。01_31もし 今も、このままの景観であったならば、東京は思った以上、山と川に囲まれた、正に箱庭のような美しい都市であったでしょうに・・・。

Img_6424 早春の快晴の早朝、湯島聖堂の前の下り坂を昌平橋に向かって疾走する爽快感は、朝陽を正面に浴びてごきげんな快感であります。

|

« 根津神社のつつじ! | トップページ | もう夏が待ち遠しい!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/5649542

この記事へのトラックバック一覧です: 広重・湯島聖堂:

« 根津神社のつつじ! | トップページ | もう夏が待ち遠しい!!! »