« TINTINの面白さ! | トップページ | いいですね!PUSH PIN STUDIO »

2007年4月12日 (木)

八芳園の庭

Img_6463 Img_6471 Img_6474 昼食を兼ねた打合せを白金の八芳園( http://www.happo-en.com/index.php )ですることとなり、せっかくなので、少し早めに出向いて庭を散策しました。ご自慢の桜は既に葉桜の最終回といった状態でしたが、新緑の按配がそれほど強くない日差しの下、結構でした。この場所、江戸時代は大久保彦左衛門の住まいであったと言い伝えられてますが定かではないようで、明治期に渋沢喜作((1838~1912.8.30)名は英朋。通称は時に成一郎。変名大寄隼人。武蔵榛沢郡血洗島村渋沢長兵衛二男。1863年従弟の渋沢栄一と故郷を出、京都で一橋家に仕え、ついで幕臣となる。1868年彰義隊頭取となるが脱隊、振武軍総帥として飯能で西軍と戦い、さらに箱館で戦い降伏。のち東京商品取引所理事長、北海道製麻会社社長を務めるなど実業界で活躍。)の手に渡り、1915年(http://www001.upp.so-net.ne.jp/fukushi/year/1915.html )日立製作所の創業者・久原房之助が入手し、手を加えて今日に至っています。

さり気なく置かれた見事な盆栽には樹齢500年というものも、珍しくなく、この世界に疎い私はよくわかりませんが、ひと目みただけでも、その手入れの見事さは分かります。この日、新入社員の歓迎会やら結婚式と賑やかな様相を呈してましたが、何故かこの庭には私以外誰もいなく、清清しい空気をたっぷりと味わうこととなりました。

|

« TINTINの面白さ! | トップページ | いいですね!PUSH PIN STUDIO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/6052465

この記事へのトラックバック一覧です: 八芳園の庭:

« TINTINの面白さ! | トップページ | いいですね!PUSH PIN STUDIO »