« 神田にも新しい波が! | トップページ | 辻まことが歌う! »

2007年4月 6日 (金)

これは、欲しい!

Vi102 昨今の、メールが主流のビジネス社会ですが、ここ一番というときには、やはり、手書きのレターというものでしょう。

銀座・伊東屋にも、2階にオーダーの便箋・封筒のコーナーがありますが、その種類の少なさにあぜんとし、それならば、小津和紙店 ( http://www.ozuwashi.net/shopinfo/index.html )にでも出向いて、探してみるか!などと思っています。ことさように需要の無さも影響しているとはいえ、、やはり美しい手紙・葉書をいただいた時の嬉しさというのは、全然べつものでありますから、若い方には、しっかりと筆の練習もしていただいて、手書き文の復活を願っています。

この写真はGRAPHISに掲載されていた、優れたPaper Designの中から抜粋したものです。昔のタイプライターのような書体が誠実さを表しているようですし、手漉きのような紙には空気が含まれているようで、ほんわかとしています。がんばり過ぎ・やり過ぎのデザインのはびこる中、絹ごし豆腐のようなさっぱり感が、気分をすっきりとさせてくれます。ペリカン4001の、鮮やかなロィヤル・ブルーのインクを使ってみたくなる紙の素材感と色調が、写真を通して伝わります。何でもパソコンで出来てしまう時代ですが、こんな、アナログ感覚に、どうしても惹かれてしまうのであります。アイボリーのステーショナリーに真っ白な帯をつけただけですが、最小加工の最大効果とでもいいましょうか、シンプル・エレガンスの極致のような、美しい完成度があります。

|

« 神田にも新しい波が! | トップページ | 辻まことが歌う! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/5099369

この記事へのトラックバック一覧です: これは、欲しい!:

« 神田にも新しい波が! | トップページ | 辻まことが歌う! »