« 八芳園の庭 | トップページ | 皇居のツツジ »

2007年4月17日 (火)

いいですね!PUSH PIN STUDIO

Push_pin_studio406 Push_pin_studio106 1960年代のグラフィック・デザインを先導したPUSH PIN STUDIOの作品を初めて見た時、その手作り感の素晴らしさに感動しました。その頃といえば、モダンでシャープな構成主義的作品か、『話の特集』誌を中心とするサブカルチュアーとしての横尾忠則・粟津潔のような作品に分かれていた感のある日本のグラフィック界でしたから、アメリカの健全な精神と少しの批判性を織り込んだこのスタジオの作品には当時の学生はおおいに惹かれたものでした。驚異的なデッサンに裏打ちされたミルトン・グレーサーのイラストレーション、アメリカの草の根運動の象徴のようなポール・ディビスなどスターデザイナーも多く輩出しました。

又、同時期にハーブ・ルバリンが立ち上げた『AVANT GARDE』誌も1960年代のカルチャーが盛りだくさんで、銀座イエナ書店に行っては立ち読みしていました。アートともデザインとも呼べる、この実験的雑誌から生まれた多くの作品は、今も愛好者が多いそうですから、嬉しい話です。

ミルトン・グレーサー

1929年ニューヨークに生まれる。 1951年クーパー・ユニオン・アート・スクールを卒業後、フルブライト奨学金でイタリアのボローニャのアカデミー・オブ・ファイン・アーツで学ぶ。 1954年、レイノルド・ラフィンズ、シーモア・クワストやエドワード・ソレルと共にニューヨークでプッシュピンスタジオを設立、社長に就任。 1968年クレイ・フェルカーと共に「ニューヨークマガジン」を創刊する。 1983年ウォルター・バーナードと共に出版デザイン会社WBMGを設立。 1976年ニューヨーク州の依頼で制作した、「I・NY」のロゴをはじめグラフィクデザインを中心に CI、インテリアデザイン、環境デザイン、建築、出版、音楽、演劇、映画など、様々な分野を幅広く手掛け、 300点を超えるポスターのデザインやイラストを制作している。 1987年より全米規模のスーパーマーケット・チェーン店やレストランなどの内装設計、ロゴを含むデザイン全般のアートディレクションを行う。 1987年ニューヨークのレインボー・ルーム複合ビル開発を担当。 1993年トニー・クシュナーのピューリツァー賞を受賞した舞台劇「エンゼルス・イン・アメリカ」のロゴをデザイン。・…その他ボブ・ディランの有名なレコードジャケットのデザインなど、気が付けばミルトン・グレーザーの作品が世界中のあちらこちらに。作品は、ニューヨーク近代美術館、イスラエル美術館、ニューヨークのチェース・マンハッタン銀行、ワシントンD.C.のスミソニアン研究所に永久保存されている。

ハーブ・ルバリン

1918年ニューヨーク生まれ。1939年クーパー・ユニオンを卒業。1945年サドラー&へネシー社の副社長兼アートディレクター。1964年ハーブ・ルバリン社を設立。1975-78年LSC&Pデザイングループ社長。1976-81年クーパー・ユニオンのデザイン教授を務める。
主な受賞:1962年全米アートディレクター協会より「アートディレクター・オブ・ザ・イヤー」に指名される。1963年アメリカテレビ祭においてテレビコマーシャルでクリオ賞受賞。同年米国政府より切手デザインで表彰される。1972年母校よりその際立った業績で表彰される(1973年、80年も同様)。1977年ニューヨークADC名誉の殿堂入り。1981年AIGA(アメリカン・グラフィックアーツ協会)より受賞。その他、1952年から1980年の間に、ニューヨークADCより9つの金賞と8つの銀賞をはじめ、ニューヨークTDC、出版デザイナーズ協会、イラストレーターズ・ソサエティ、CA(コミュニケーション・アーツ)展などの団体より500を越える賞を受賞している。
主な個展:1979年パリのポンピドーセンター、1980年ニューヨークITCセンター等多数。
作品収蔵:ホイットニー美術館、米国会図書館、ニューヨーク近代美術館、スミソニアン博物館、ワシントンDC国立ギャラリーに永久コレクション。
1981年にその生涯を閉じるまで、講師、教師としても貢献した。

|

« 八芳園の庭 | トップページ | 皇居のツツジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/4778961

この記事へのトラックバック一覧です: いいですね!PUSH PIN STUDIO:

« 八芳園の庭 | トップページ | 皇居のツツジ »