« 藤森照信が全開!!! | トップページ | 広重・山伏谷に風が吹く! »

2007年5月21日 (月)

BiCのボールペン!

Img_6569 Img_6571 探し物は忘れた頃、やってくるというのは、こういうことでしょうか!。ずーっと所在が分からず探していた私のお宝が、全く予想だにしない息子の参考書をまとめておいた場所から出てきました。

このボールペン、実はBiC製で、色はもっとあったのですが、欲しいというお方が続出して気前よく差し上げ、残ったものがこちらです。

今から13年前,表参道に事務所を構えていた頃に、眼と鼻ほどの距離にあっBEAMSで買ったものです。

この頃のBEAMSの雑貨は何故か、私の好みの波長とよく同調していて、安くてエスプリが効いていて、それで実用的といったアイテムが目白押しでしたから、ほぼ毎日、店に入っては物色していました。リピートのない商品がほとんどで、その多くはBEAMSのスタッフが海外に出張した折に、買って来た物ばかりでしたが、個人的感性・好みが生に出ていて楽しさがまともに伝わるようでした。やがてこの雑貨グループが雑誌に頻繁に採り上げられ、BEAMSの呼び物となっていったのです。

このボールペンも確か15色ほどあったかと思いますが、ぺなぺなのスチロール樹脂のパッケージに入り、いかにもフランス的なチープシックな洒落た趣でありました。残念ながら、この本体にフィットしたリフィールが国内に存在せず、今や宝の持ち腐れでありますが、なんともいえぬこの色調に魅かれ保管してありました。10年ほど経っての再会でありますが、この色調には感心するのみであります。あのBiCのライターとも違う色相を展開しているところなどが、頭を使っている証拠でもあり、フランス人らしいこだわりとでもいえましょうか・・・。

Img_3094クリップの処理などはいかにもフランス的で、考え抜いた末のいい加減さといいましょうか、ペン軸を本体から出すのにツークッション必要で、使い勝手に完璧を好むドイツ・日本とはちょっと違う感性が嬉しいのであります。この部分の型抜き処理などは1960年代の自転車変速機の名機・ Huret社のALLVITにも共通している何かがあるようにも見えます。

|

« 藤森照信が全開!!! | トップページ | 広重・山伏谷に風が吹く! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/6132852

この記事へのトラックバック一覧です: BiCのボールペン!:

« 藤森照信が全開!!! | トップページ | 広重・山伏谷に風が吹く! »