« 舟町・セツモードセミナー付近 | トップページ | 朝霧高原・ブルーグラス三昧の日 »

2007年5月29日 (火)

高輪の昭和残影

Img_5805  Img_5802Img_5801

品川プリンスホテル先を左に曲がると柘榴坂という自転車乗りにはきつい坂があります。上りきって右手に向かえば、そこは東京都心でも爽快な気分を味わえる「馬の背大地」の稜線を縦走する快適コースとなります。この稜線にある高輪2丁目あたりは、都心屈指の伝統的住宅地であるにも関わらず、江戸・明治・大正・昭和の時代の流れの薫りを其処彼処に散りばめながら、懐かしい気配がたっぷりであります。保安寺という古いお寺の境内に向かう坂の脇にも大正末期から昭和初期にかけて建てられたと推測される和洋の建物が並んでいます。出来た当時は全くのミスマッチとして近所の噂の種にもなったのでしょうが、永い年月を経て、今やすっかりよい感じでまとまっています。このタイプの建物も、すっかり観ることが難しくなってしまいましたが、もし見つけられたら、記録されておく事をお勧めいたします。Cgj

|

« 舟町・セツモードセミナー付近 | トップページ | 朝霧高原・ブルーグラス三昧の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/5314921

この記事へのトラックバック一覧です: 高輪の昭和残影:

« 舟町・セツモードセミナー付近 | トップページ | 朝霧高原・ブルーグラス三昧の日 »