« 高輪の昭和残影 | トップページ | アメリア・イアハート »

2007年5月30日 (水)

朝霧高原・ブルーグラス三昧の日

Img_7065_1 Img_7067_1 Img_7069_1 ご報告がちょっと遅れましたが、26日から27日の二日間にかけて、朝霧高原のハートランドあさぎり中嶋酪農場で、ブルーグラス・フェスティバルが開かれました。昨年は、雨と嵐の惨憺たる状況の中で、やむを得ず急きょレストラン屋内にステージを作って開催され、演奏する連中は目の前の暖炉の照り返しと格闘しながらのフェスでしたが、今年はこれ以上はない!と言わんばかりの快晴・無風でありました。

私も昨年の堀内冬彦さん、フランコ・トラベルソさんの他、超絶マンドリンを弾く柴木健一さん・ブルースハーモニカの貴公子・田中宏禎さんも加わり、さらに楽器演奏の一曲だけは真鶴からその一曲のために駆けつける稀代のフィドラー、佐宗知自彦さんという豪華メンバーでFRONT LINEというバンドで演奏いたしました。

何しろ、ご機嫌な天気ですから土曜日もお昼過ぎにはお好きな方々が既にお見えになってまして、テントの設営に奔走していました。ブルーグラスという限られたジャンルの中で比較的カジュアルなフェスティバルの性格をもった朝霧高原には、新しい世代や、女性層を増えているようですが、何しろ参加する殆どが演奏者ですから、其処彼処で自然と始まるジャム・セッションにはいつもぞくぞくいたします。

Img_7100Img_7096私たちのキャビンは去年よりぐっとバージョンアップされて、寝場所もリビングもキッチンも段違いの清潔感に溢れていました。

  101_50 Img_7101初日は午後5時から午前1時頃まで、二日目は午前9時から午後3時頃まで、各バンドが入れ替わり、立ち代りでしたが、それでも去年よりバンド数は少なく、その分、演奏曲数は増え、楽しませてもらいました。クラシックなバンドからストリート系のバンドに至るまで、少しずつ、時代の風を受けつつ、この偏狭な音楽ジャンルにも変化の兆しがちらついてました。

|

« 高輪の昭和残影 | トップページ | アメリア・イアハート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/6594266

この記事へのトラックバック一覧です: 朝霧高原・ブルーグラス三昧の日:

« 高輪の昭和残影 | トップページ | アメリア・イアハート »