« 1956年の日記より | トップページ | 高輪の昭和残影 »

2007年5月28日 (月)

舟町・セツモードセミナー付近

Img_6776Img_6777  先日どうしても曙橋にある讃岐のうどんが食べたくなって、出掛けました。犬も同伴でしたから、車を駐車してから、近辺を散歩していますと、ちょっと行ってみたくなる坂がございました。住吉町と靖国通りを隔てたちょっと裏道にあるこの坂、何となく引き寄せられて上っていくと其処にはあの1960年代から1970年代にかけたイラストブームの発信地となった『セツ・モードセミナー』が健在ではありませんか・・・。主宰の長沢節さんは既に他界されてますが建物は往時のままであります。平凡パンチにもよく登場したこの建物は当時ファッション雑誌にも頻繁に登場しましたから記憶によく残っていました。この日は人影もすくなかったのですが、どうやら今もセミナーは続けていられる様子です。

舟町と呼ばれている町名はおそらくこの崖地の底にある地勢から名づけられたのでしょうか?。この新宿区の東部には何故か管理番号的地名の多い東京23区のなかでも異質なほど旧町名が遺っていて、何方か知りませんが大人物が官僚の意見を無視して、守旧に徹したことは大快挙であります。

|

« 1956年の日記より | トップページ | 高輪の昭和残影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/6403540

この記事へのトラックバック一覧です: 舟町・セツモードセミナー付近:

« 1956年の日記より | トップページ | 高輪の昭和残影 »