« 1956年・私の日記 | トップページ | 銀座・奥村書店 »

2007年6月19日 (火)

LESTER FLAT&EARL SCRUGGS

Img_7122  私世代にとってブルーグラスの伝道師の頂点にあった、Lester Flatt & Earl ScruggsとFoggy Mountain Boys (http://www.youtube.com/watch?v=u3Itz0rTiMU)のDVDが二枚登場しました。

それも1961年から1962年にかけての絶頂期のテレビ番組を収録したものですから、臨場感もたっぷりです。みごとな呼吸のもと、シンプルな楽曲の構成にも関わらず、人間のエモーションだけで組み立てられるブルーグラスミュージックを、片田舎の音楽から見事に都市のリベラル層にも浸透していったエキスが全て入っていますから、時代風俗史的にもお薦めいたします。それとコマーシャルに、パイレックスのキッチン用品なども登場し、1960年代初期の地方都市にも近代的生活の楽しさが浸透していくニュアンスが読み取れて、嬉しい気分がいっぱいあります。

都会ずれしていないメンバーそれぞれの風貌も微笑ましいですし、Earl Scruggsのフィンガー・ピッキングのギターソロも楽しめて、全くありがたいご時勢であります。それと、今やこの音楽ジャンルの長老となったカーリー・セックラーさんのマンドリン片手の絶頂期の歌声も聴けますから、良い事ずくめであります。

BEST OF THE FLAT & SCRUGGS TV SHOW  VOL1.VOL2( http://shanachie.com/ )

|

« 1956年・私の日記 | トップページ | 銀座・奥村書店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/6606401

この記事へのトラックバック一覧です: LESTER FLAT&EARL SCRUGGS:

« 1956年・私の日記 | トップページ | 銀座・奥村書店 »