« 週末のお昼は、神宮前 J・COOK | トップページ | 広重・浅草猿若町の満月 »

2007年7月 8日 (日)

等々力の家・スタジオジブリ好み

Img_6147 Img_6148宮崎駿氏率いるスタジオジブリがアニメを作る際、徹底した取材を元に時代考証を設定することは有名でありますが、私はとくに彼らが何故か「昭和の懐かしさの薫るお家」をお好みなところが、同好の士として、嬉しいのです。

世田谷区はまだ「昭和の薫りのするお家」が良好な状態で残されていて、自転車で気ままに走りまわっていると、偶然、この画像のようなみごとなお家に遭遇することができます。

大谷石と生垣という黄金の組合せの状態もご立派ですし、木造ながら日頃の手入れもきちんとされているようで、簡素ながら、きちんとした日々の暮らし方が反映されています。

まだ現在のように、防犯や安全に神経をつかうことなく、平和な日々の生活が保証されていたからこそ、このような開放された住いが可能であったのでしょう。これも平和で村社会の名残があった、ある時期までの昭和の証といえるでしょう。

よく見ると、毎日、朝の掃除を怠ってないのでしょう!、見事なまでに掃き清められ、行き届いたお隣・近所さんへの気配りも素晴らしく、この地域の方々の環境への配慮は、現在も半端ではありませんから、近隣とのコミュニケーションも充分と確信します。

|

« 週末のお昼は、神宮前 J・COOK | トップページ | 広重・浅草猿若町の満月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/5814147

この記事へのトラックバック一覧です: 等々力の家・スタジオジブリ好み:

« 週末のお昼は、神宮前 J・COOK | トップページ | 広重・浅草猿若町の満月 »