« 半蔵濠の風の道! | トップページ | 1935年・飯田橋 »

2007年8月18日 (土)

東郷青児邸・1957年

19571902 今から50年前、杉並区久我山でも、ひと際異彩を放っていた、画家・東郷青児 http://www.sompo-japan.co.jp/museum/togo/index.html邸を描いた一枚です。

小学校4年生の夏休みの宿題として、『自分の住んでいる周辺の絵』が出され、私は即座にこの家をモチーフとして採り上げました。まだこの時代は長閑な畑だらけの町で、駅から自宅まで雑木林を抜けて帰って来られた時代でしたが、この家だけは周囲の家の趣と全然違っていて、子供の眼には不思議な人の住まいという印象が強かったのです。

グレーとライトブルーで描かれた外壁の二階部分がアトリエと記憶しています。このアングルは実際よりも相当子供ならではのデフォルメを施していまして、もっと開放的な大きなスペースで東郷さんが、キャンバスを前にデッサンをしているところなども、垣根越しに見えたものです。

お嬢さんの東郷たまみさんは、ジャズ歌手として朝丘雪路さんらと一緒に芸能界デビューをされ、テレビの黎明期に活躍していました。子供の眼にもそのお嬢さんがこの町では異常なほど輝いていたのを、よく記憶しています。

この絵には描いてありませんが、広い芝生があってよく東郷さんが芝刈りをしていたのを、覚えています。今はすっかり周辺は住宅地として建物が密集していますが、周りは畑だらけのこの時代は、時代の先端を行く人と守旧の人が長閑な環境で同居していたのです。

|

« 半蔵濠の風の道! | トップページ | 1935年・飯田橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/6090166

この記事へのトラックバック一覧です: 東郷青児邸・1957年:

« 半蔵濠の風の道! | トップページ | 1935年・飯田橋 »