« 浅間山・1957年 | トップページ | 神田あれこれ! »

2007年8月31日 (金)

自転車あれこれ

Tintin701 Photo_orange1_1 クロムモリブデン(クロモリ)鋼のフレームで出来た自転車の、人体への優しい振動吸収と独特の粘りを愛好する若い世代が増えているということを聞いて、「若い連中もまんざらではないな!」などと思ってしまいます。

昨今のレース至上主義がエスカレートして、休日の都心を走るロードレーサーにはプロ・レーサーでも遠慮しそうなハイエンドな部品を装着した、自動車でいえばフォーミュラーワンといったレベルの自転車が目白押しで眼も眩むばかりです。自転車界もアルミ・カーボン・チタンと素材に記録成績が左右される他スポーツと同様の道を辿っていて、今後どういう素材傾向に向かうのかさえ分からない様相であります。

そのようななかで、都心で効率よく小荷物・書類を運ぶメッセンジャーの連中が、一時のロードレーサーからクロモリパイプで変速機なしといった漕ぎまくりテーストに切り替えて、走りまくっている連中が増加してますが、きっと仲間内で事故をおこせば結局クロモリ鋼が断然丈夫ということが分かったのかも知れません。確かに事故が起きればカーボンなどは元来消耗素材である上に紙っぺらのごとき状態となりますが、クロモリ鋼でしたら多少のへこみはあっても、地球誕生時代から根付いた素材が元ですし、なにしろ普通に乗っていれば50年経ってもびくともしない素材ですから安心であります・・・。

しかしそんなことを言っていても、某自転車専門店で試乗したPINARELLO社 http://www.riogrande.co.jp/pinarello_opera/pinarello/index.html の最先端の素材で組まれた自転車の乗り心地に誘惑され、私もハイテク・ロードレーサーを購入することに決めました。

|

« 浅間山・1957年 | トップページ | 神田あれこれ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/6487662

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車あれこれ:

« 浅間山・1957年 | トップページ | 神田あれこれ! »