« PINARELLOの自転車 | トップページ | 1954年・パリ-2 »

2007年9月29日 (土)

小さなお家

バージニア・リー・バートン著によるFhy 絵本の名作『ちいさいおうち』に出てきたようなお家ですが、こんな町の中の一軒に偶然でも出くわしたならば、その感動は相当なものとなりそうですね。

仏蘭西のチョコレート屋さんですが、この外観と扱うものとが、あまりにも合い過ぎていてびっくりといった状態ですが、きっと誠実そうなご主人と優しそうな奥さんの二人で昔からの変わらぬ製法でチョコレート作りに励んでいる、確かなお店という気配が伝わってきます。地元のお客さんに永い間支持されてきたからこそ、周りがどんどんと取壊されていく中でも、頑なに先代の教えを守って創業の心を一徹に頑張っているようでもあります。

今や世界的に古いものが見直されているものの、当事者にとっては、現実との絡みで新しくせざるを得ない状況が切迫しているわけですから、せめてこんなにがんばっているお店を応援しない訳には参りません。

ちいさいおうち Book ちいさいおうち

著者:ばーじにあ・りー・ばーとん,いしい ももこ
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« PINARELLOの自転車 | トップページ | 1954年・パリ-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/6323984

この記事へのトラックバック一覧です: 小さなお家:

« PINARELLOの自転車 | トップページ | 1954年・パリ-2 »