« 音楽授業 | トップページ | パワフルな梅原龍三郎 »

2007年10月28日 (日)

パリの街角!

Cke 木枯らしの吹く頃ともなれば、散策・徘徊の頻度も減ってしまいますが、それでも午後の散策を楽しみながら途中、一休みできるのに恰好なスポットがあれば、寒くても外に出たくなってしまいます。

最近は小さな町でもコンビニエンス・ストアやチェーン店のカフェなどが在る事も多く、以前ほどお茶をするのにも困りませんが、何処に行っても同じような味・同じような接客が目に付きはじめました。

ずっと昔の学園町には必ずと云ってよいほど、名所としての喫茶店があったのですが、日本人のあたらしもの好きの影響か、すっかり最近では見ることも少なくなってしましました。そこには名人の親爺が居て、学生の親代わりのよろず相談にも乗ってくれたりしたものですが、今ではそのようなコミュニティーとしての役目もなくなって、ひたすら孤独を味わう客のためにスペースを提供しているに過ぎません。

たまに、神田方面に出かける楽しみは、勿論お目当ての本を探す以外に『さぼーる』『ラドリオ』といったその土地の歴史を充分吸い込み嗅ぎとった痕跡の残る喫茶店で、至福のときを過ごす楽しみがあるからです。

すっかり、日本の商業地域が画一化・標準化されていくなかで、これからは町のランド・マークとして永年、町の情報基地であった由緒正しき喫茶店をだいじにいたしましょう。

さて、このパリのカフェなどもいい感じであります。おそらく日本と違って相変わらずタバコの煙が充満していそうですし、フランスの伝統であるカフェ文化もいまだに廃っていないようですから、ドアを開ければ其処はもう、今やアナクロな哲学論の渦となっているかも知れません。

|

« 音楽授業 | トップページ | パワフルな梅原龍三郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/6336909

この記事へのトラックバック一覧です: パリの街角!:

« 音楽授業 | トップページ | パワフルな梅原龍三郎 »