« バブルの頃のカッターですが・・・。 | トップページ | 1957年・私の日記 »

2007年10月11日 (木)

ケアーンテリアと和田倉門

Rimg2457

Rimg2463

日比谷通り・和田倉門信号の脇にあって、以前から気になっていた三角屋根の石作りの空間に、先日犬連れで入ってみました。

いつごろこの空間が出来たのか、定かでないのですが、間違いなく何らかの大義名分の下、作られた曰くありげな風格を今ももち続けています。

中に入ると、ちょっとした椅子のような出っ張りと、これもみごとな石のテーブルが、何故か日本人に馴染みがない設えを以って立ちすくんでいます。この空間の中に入る人はこの日、たいそう陽射しのよい秋晴れでしたがどなたもいなくて、それだけでも如何に、馴染みの薄いスポットであるかが実感できます。

連れてきたケアーンテリアを、僭越ながら石のテーブルに載せると、そのひんやりとした感覚が気にいったのでしょうが、ご機嫌な表情を見せてくれました。ファインダーを覗いて気付いたのですが、このスポットは犬のサイズにピッタリの空間ですから、犬好きの皆さまにおかれましては、記念写真の穴場としてお奨めいたします。

又、このスポットの周囲は開放感あふれる場所ですから、このような畳二枚にも満たない場所から見渡すと、普段とは違う環境を味わえます。

|

« バブルの頃のカッターですが・・・。 | トップページ | 1957年・私の日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/8289637

この記事へのトラックバック一覧です: ケアーンテリアと和田倉門:

« バブルの頃のカッターですが・・・。 | トップページ | 1957年・私の日記 »