« 広重・月の岬(品川八つ山) | トップページ | BMW Isetta 300・可愛い車の予感! »

2007年10月 7日 (日)

銀座のプレゼンテーション

Rimg2191 Barneys_ny_0709_11 夫々の店が今の旬を視覚的訴求手段としてのプレゼンテーションを通して競い合っている銀座ですが、最近は以前のような練り上げたプレゼンテーションが少なくなりつつあって、どきっとするようなものにはなかなかお目にかかれません。

最近では大きなウィンドーよりも30センチ四方ほどの極く小さなウィンドーの方が流行りのようで、これですと手間もお金もかからず、その上訴求を絞らざるを得ませんから、凝縮されたメッセージが届き易いのでしょう。

ルイヴィトンのプレゼンテーションはなかなかシンプルながら、男の気持ちをかき立ててくれるツボのようなものがあります。このモデルカーなど、思わず店内に入って、「これを下さい。」などと叫んでしまいたくなるほど、主役の時計・財布以上に欲しくなる表情をしています。この時期、どうやら世界の車との小さなコラボレーションが展開テーマらしく、様々な車とのコーディネーションが発信されていますが、このシトロエンとの構成が秀逸です。こんなに狭い空間でそれなりの雰囲気を出すのは容易ではなく、モノ同士の位置関係が少しでも崩れると、装飾作業中と勘違いされても止むを得ない無残な恰好となってしまいますからご用心・・・。

かたやバーニーズ銀座は経営が変わってからというもの、あまり評判が宜しくなく確かに店内に入ってみても以前のような各ショップの緊張感と整然としたゾーニングが展開にもスタッフの様相にも消えてしまい、単なるモノ売り屋さんに転げ落ちてしまいました。大きなウィンドーをやりくりするにも辛そうで、このプレゼンテーションなども遠くからでしたらまだしも、近くからですと目眩で卒倒しそうでありました。それにしても雑誌とのタイアップと思われる手段に打って出るとは、以前のスタッフでしたら考えもつかなかったでしょう。何ごとも気合と意気込みは、ほどほどがよろしいということなのでしょうか。

|

« 広重・月の岬(品川八つ山) | トップページ | BMW Isetta 300・可愛い車の予感! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/8266365

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座のプレゼンテーション:

« 広重・月の岬(品川八つ山) | トップページ | BMW Isetta 300・可愛い車の予感! »