« 銀座・奥村書店が無くなる! | トップページ | 1956年・私の日記より »

2007年11月21日 (水)

駒沢公園通り・IL GIOTTO

Rimg4425 Rimg4428 Rimg4432 Rimg4447 Rimg4448 イギリスから一時帰国され、毎日忙しいスケジュールを掻い潜った梶原健二さんと、、ご自宅のある桜新町近くの駒沢『IL GIOTTO』で家族と共にランチを過ごしました。

ロンドン郊外で世界を俯瞰に捉えながら、新規事業の構想を練りつつ過ごされているようですから、その一言には以前より一段とシャープさが増して、小気味よいほどです。梶原さんは本業のアロマ環境ビジネス以外に、オーガニックフードビジネスを軌道に乗せ、最近は車重視の町づくりから人・非電化非燃料交通手段(自転車など)を中心とした地域・町づくりに、時代の潮流を感じているようですから、いずれ何処かでその思いが開花することを願っています。

この店には一年ぶりにお邪魔しましたが、ボローニャで修業したマスターのしっかりした味付けのイタリアンは、可能な限り現地の味を再現されています。気取ったモダンなレストラン・トラットリアのひしめく港区界隈とは異なり、此処駒沢では、カジュアルでありながらきちんとした空気の流れている店は何処も繁盛しているようですが、このお店はその中でも飛びっきりの味・雰囲気を堪能できるお店です。お客さんも地元の方が多く落ち着いていますから、香水とヘアースプレーの過剰な臭いに惑わされる事もなく、料理の味を損なわずに美味しくいただけます。

● IL GiOTTO (イル ジオット)
東京都 世田谷区 駒沢4-11-12  tel. 03-3412-2547。

18時~22時30分。土曜・日曜はランチあり(12時~14時30分)。 火曜休。
交通:東急田園都市線駒沢大学駅から徒歩15分・。

土日はワンちゃん連れでにぎわう駒沢公園通りにある。小さな看板なので見逃し注意。料理はどれもボリュームあり。2人で、家族で、友達で、シェアするに最適。「5種類の貝が入ったリゾット」やら、「300g程度の小ぶりのお魚を、スープ煮にするかホイル焼きに。その時、まわりにムール貝などを添えまして……」と、ワインも料理もマダムのお薦めに従うとラクチンかも。どれも財布コンシャスなので、ご安心ください。 (BRUTUS)

|

« 銀座・奥村書店が無くなる! | トップページ | 1956年・私の日記より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/8915304

この記事へのトラックバック一覧です: 駒沢公園通り・IL GIOTTO:

« 銀座・奥村書店が無くなる! | トップページ | 1956年・私の日記より »