« ピエトロ展・ギャラリーサカ | トップページ | 気になったら止まれ! »

2007年11月 1日 (木)

名残惜しい景色!

Chiso Illustration:Frank Patterson

英国の素晴らしい田園風景を始めて目にしたのは、1967年の取材旅行でしたが、20歳ということもあり、おまけに車のナビゲーターという大役を仰せつかったこともあって、車中は地図を追いかかるのに精一杯でしたから、まともに景色を楽しむことなど皆無でありました。それから18年ほど経過した1985年、百貨店の海外出張で英国の商品を買いつけに行った時にあらためて英国的眺望の素晴らしさに感動しました。なだらかな丘陵があくまでも優しく、こんなところだからこそ、ランドナーやライトウェイト・スポーツカーの文化が開花しるのだろう・・・などと納得しました。

1970年、会社に入ってからは自転車が少しずつ自分から遠のいていって、休日は音楽と専門図書に浸ることが多くなっていきました。おまけに日本の道路事情も自転車にとって劣悪になり、長閑な郊外の景色も分譲開発によって段々と消え失せていきましたから、自転車を楽しむ気分も薄れていったのであります。

このフランク・パターソンさんの挿絵のような風景は、東京オリンピックの始まる1964年以前には、東京の郊外でも見られた景色で、毎週末、天気が良ければ自転車で狭山・奥多摩・多摩丘陵近辺を走りまくっていました。多摩丘陵は今や一大ベッドタウンとなって分譲住宅のはしりとなりましたが、当時は見事なまでの丘陵が続きランドナーを駆って走る気分は独特の解放感を伴っていましたし、周辺は茅葺の立派な農家も多く、柿の木が多いこともよけい日本の秋の風情を感じとりました

当時、自転車に関する薀蓄を指導していただいた沼さん・有吉さんが、偶然にもカントリーミュージックがお好きなこともあり、意気投合し週末はよくツーリングにお誘いいただきました。

有吉さんのフロント・バッグの中のトランジスタ・ラジオを通して聴こえてくる、FEN放送のジム・リーブスhttp://www.youtube.com/watch?v=nECoA-uVGfw&mode=related&searchやファロン・ヤングhttp://www.youtube.com/watch?v=HMSWAUAKJn0&mode=related&searchといった甘い歌声が、秋の景色と空気に余りにも調和しすぎていました。

|

« ピエトロ展・ギャラリーサカ | トップページ | 気になったら止まれ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/6462935

この記事へのトラックバック一覧です: 名残惜しい景色!:

« ピエトロ展・ギャラリーサカ | トップページ | 気になったら止まれ! »