« 斧にも品格があります。 | トップページ | 1956年・私の日記 »

2007年12月22日 (土)

果物ダンボール箱のグラフィック

Rimg5656 Rimg5658 Rimg5663 先日、太田市場に出向いて今年のフルーツの動向を見聞してきました。時期的にクリスマスを迎えているために相場もかなり高めで、イチゴなどは昨年の培近い価格となっているようでしたが、それでも市場はイチゴが飛ぶように売れ、午後2時にはイチゴは完売状態でありました。国内産地は山形県がフルーツ栽培王国に成りだしたようで、そんな情勢を知らずにいた私は、まだメロンの試験栽培が始まりだした30年前に鉄鋳物商品の開発に山形を訪れた頃を思い出しました。

ここ、太田市場には一年ぶりに訪れましたが、昨年よりさらに鮮やかなダンボールのグラフィックが目に入り、フルーツよりも私はこちらの方が気になって、しばらくは、卸業者のブースを徘徊して周りました。このチープな印刷感覚はなぜかT・Shirtsを彷彿とさせてくれて、寒い太田市場の構内でいっそう寒さがしみる気分でありました。

太田市場は意外と知られてませんが、素人衆にも解放されてますから、銀座・日本橋・神田方面の高級果物店で美味しそうなフルーツを記憶しておくと太田市場で出会えますから、その価格格差にも仰天して、たいへんなお得感で満足していただけますよ・・・。

|

« 斧にも品格があります。 | トップページ | 1956年・私の日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/9500993

この記事へのトラックバック一覧です: 果物ダンボール箱のグラフィック:

« 斧にも品格があります。 | トップページ | 1956年・私の日記 »