« 表参道の裏道には! | トップページ | 1955年・私の日記 »

2007年12月29日 (土)

瀬田だけの正月準備

Rimg5801 Rimg5800 Rimg5804 Rimg5807 Rimg5806 世田谷区瀬田1丁目・2丁目は旧大山街道沿いにある閑静な住宅地で、この町中にある行善寺 http://marukokawa.exblog.jp/1567272/ から望む富士山・丹沢・奥多摩方面を一望できるパノラマは江戸の玉川八景にも入っているほどの絶景ポイントでしたが今では、手前に玉川高島屋をはじめ新富裕層の住居が並んでしまい、残念ながら昔のスケールは望むべくもありませんが、このお寺の界隈は、毎年夏に開かれる多摩川花火大会の知られざる穴場であります。

現在も瀬田の開祖・長崎家の末裔の方が翠紅園という造園業を営んでいて、その造園センスは世田谷区・目黒区近辺の本格的日本庭園に住まわれている方には、かなり知られた存在のようです。ここのご主人が日頃お世話になっているお得意さんのために毎年今頃から作り始めるのが、この松飾りです。ご覧のように、素朴ながら植栽のバランスと剪定は言うまでもなく素晴らしいものです。近年、クリスマス飾りと同様に洋風豪華になっていく正月のお飾りですが、翠紅園の飾りには、祖先の言い伝えを頑なに守り続ける簡素美の魂が連綿として伝承されています。

概ね12月29日には、瀬田モダンゴルフ場近辺の家がこの翠紅園の飾りで玄関を美しく整えて、元旦を迎える準備は完了します。

|

« 表参道の裏道には! | トップページ | 1955年・私の日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/9595588

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬田だけの正月準備:

« 表参道の裏道には! | トップページ | 1955年・私の日記 »