« スイスPB社の工具 | トップページ | エレガントに変身! »

2007年12月 7日 (金)

懐かしの郊外山の手風!

Img_7434 Img_7435 Img_7436 自由が丘周辺の奥沢・緑が丘・大岡山は全国的には知られてませんが、東京でも戦前からのハイエンドな郊外型住宅地ですから、昭和の典型的な和洋折衷型の建物を僅かながら見つけることが出来ます。

この物件もみごとにメインテナンスされていて、住み手のこの住宅に対する愛情が伝わってくるようです。自由が丘周辺も最近の建築ラッシュのおかげで、素晴らしかった山手住宅の見本のような物件が急激に跡形もなくなってしまい、風格のある景観が次々と消えていく状況ですから、失礼を承知でスナップさせていただきました。ことによると戦前のものかも知れないこの建物の折衷感覚は、木造と漆喰壁・瑠璃色の瓦と銀鼠色の日本瓦の按配が時を経た風化によって、落ち着いた姿となっていて、昭和35年http://www001.upp.so-net.ne.jp/fukushi/year/1960.htmlの東宝映画『自由が丘夫人』にでも、登場してきそうな、その頃の優雅な郊外の残照が伝わってくるようです。

おそらく、当時ちょっとモダン好みの施主は家族に反対されたかも知れないほどの大英断を以ってこの外観意匠を決定したのでしょうが、今となれば建築風俗史の面白折衷サンプルとして、どこかにでも記載されるかも知れませんね・・・。

|

« スイスPB社の工具 | トップページ | エレガントに変身! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/6771856

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの郊外山の手風!:

« スイスPB社の工具 | トップページ | エレガントに変身! »