« 虎屋・東京ミッドタウン | トップページ | 1956年・私の日記 »

2008年1月 6日 (日)

イームズ夫妻の楽しさ!

Img_5394 Img_5393 チャールズ・イームズの素晴らしさは、現在も量産し続けられる家具は無論のこと、その他、映画・産業展示・雑貨など、遺していった多くが今もマスターピースとして燦然と輝いていますが、どの分野においても、仕事の精緻さ以外に、どうやらその時を愉しむ・楽しむという天性の資質があったからでは、ないでしょうか。ですから、量産家具にも他のデザイナーに見られないちょっとしたユーモアが隠し味となっていたりして、その天性の旧き佳きアメリカン・テーストが錆付いていないのであります。

さらに、前々から気になっていたのですが、ある時期(おそらく1950年代)の建築家・デザイナーに蝶ネクタイ姿が多く見受けられますが、誰かが火付け役だったのでしょう。その中でもだんとつに洒落ていたのが、イームズでした。私など、専攻した学科のバイブルのような存在であったイームズの仕事そのものより、その姿や着ているものが気になってばかりいた類の学生でしたが、ようやく今頃になって、仕事は既に及ばないものの、イームズのかもち出す雰囲気に近づいてきたかな・・・などと自己満足に陥っています。

ところで、イームズ夫妻が深く関わったハーマンミラーの家具を日本に導入したのが、伊勢丹の関連会社・(株)モダンファニチャー、ということを知らない方も多いでしょうから、面白いサイトがありますので、ご覧ください。日本でハーマンミラーの家具を広めていく様子が、時代の流れに沿って観ることが出来ます。http://www.wakuiworks.com/onlin-shopping/free_9_14.html

|

« 虎屋・東京ミッドタウン | トップページ | 1956年・私の日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/5004855

この記事へのトラックバック一覧です: イームズ夫妻の楽しさ!:

« 虎屋・東京ミッドタウン | トップページ | 1956年・私の日記 »