« 1956年・私の日記より | トップページ | 東京駅・八重洲は透け透け »

2008年1月14日 (月)

酒屋さんのトートバッグ

Monocle1 エコバッグと称して、新たな商売の機会を狙っている業者が跋扈しているこのニッポンでありますが、どうもよく分からないのが何がエコで、何処がエコなのかということなのであります。

たかがと言っては誤解を生じるのでしょうが、その全体像が掴み得ないのか、それともこの自分が、そんなこと関係ない!などと開き直っているのかさえも分からないので・・・あります。

最近、朝起きて最初にチェックするMonocleのサイト http://www.monoclemagazine.com/ は、新しい切り口の雑誌・Monocleを主宰する方の個人的嗜好をベースとしたもので、最新の情報が硬軟絡めて按配よく展開されています。エコも大きな時代のメガトレンドであることをこのサイトからも感じますが、このワインメーカーのトートバッグのしっかり感の画像が、エコとは・・・の一側面を象徴的に表わしてくれているようであります。

|

« 1956年・私の日記より | トップページ | 東京駅・八重洲は透け透け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/9845128

この記事へのトラックバック一覧です: 酒屋さんのトートバッグ:

« 1956年・私の日記より | トップページ | 東京駅・八重洲は透け透け »