« 1956・久我山のモダン住宅 | トップページ | これは何の認定証? »

2008年1月 9日 (水)

バードハウス展

Rimg6020 Rimg6014_2 Rimg6008 Rimg6015 新年の状況を徘徊しに新橋から日本橋まで、中央通りを 真っ直ぐ歩きましたが、所謂海外メガブランド・ショップ以外は売れ残った福袋が哀しそうに陽射しを浴びておりました。

資生堂・虎屋・東京羊羹あたりはさすがに正月の銀座のなんたるかを心得ているかのように、きちんとして騒ぎもせず堂々とした商いぶりでしたが、尾張町交差点を過ぎ、松屋・伊東屋の店内をさらりと観たものの、何故か以前のような銀座の誇りが店内に消え失せていて、ただひたすら混雑する客の捌きをしているのに精一杯の様子でありました。

京橋を越えたときに、最近来ていなかったINAX ギャラリーに立ち寄ると、いかにも面白そうな企画展が開かれていました。

『バードハウス展』 http://www.inax.co.jp/gallery/user_exh/w_0706birdhouse.html と題された世界の鳥の巣箱を集積したものですが、INAX ギャラリーらしく建築としての視点から捉えたユニークな巣箱に圧倒されました。子供の頃、夏休みの自由課題で鳥の巣箱を作ったことがありましたが、庭先に飛んでくる鳥の餌場程度にしか考えませんでしたから、世界の鳥の巣箱のレベルと鳥を含めた自然環境との共生がこんなにも素晴らしい調和を奏でることとは思いもつかず、世界の自然保護を含めた感性にはこれだけ広いバリエーションがあることに・・・感心しました。

|

« 1956・久我山のモダン住宅 | トップページ | これは何の認定証? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/9774059

この記事へのトラックバック一覧です: バードハウス展:

« 1956・久我山のモダン住宅 | トップページ | これは何の認定証? »