« 1960年代のマーク・シンボル | トップページ | とある、四谷の自転車屋さん »

2008年2月29日 (金)

蕎麦 田園調布・兵隊家

Img_8135 Img_8136 駒沢から自転車でお気軽な練習ルートは、何と言っても『多摩川堤』に違いありません。しかし、ただ走るだけならば、多摩川に沿って行ったり来たりを反復していれば宜しいのでしょうが、そこにちょっとした『おいしい愉しみ』を加味すると俄然自転車のルートが変わってきます。年のせいなのか、最近ではお腹一杯いただくことなど考えも及ばず、専ら、『ニッポンの正しい食の嗜み』に傾倒しています。

多摩川を下り帰路に着くルートは、何を食べて帰るか・・・で決まりますが、やはり田園調布・兵隊家 http://www.heitaiya.co.jp/ という摩訶不思議な屋号の蕎麦屋さんが王道でしょうか・・・。此処、田園調布から環状8号線を越えた自由が丘・奥沢にかけては、どういうわけか美味しい蕎麦屋が空洞地域のようで、この店は値段とその内容が『誠実商売の志』にあふれ、時間次第では大賑わいとなってしまいます。

私はこの店の『鳥南蛮蕎麦』がお気に入りです。昨今の多くの蕎麦屋に観られる、いい加減な鶏肉の数・適当な出汁とは天地の差のある味と量感は、正に絶品で、今の季節には自転車で冷え切った身体を柔らかく温めてくれます。又、女将さんは店員さんよりもお年を召しているにも関わらず、その動きと気配りは機敏で行き届き、その捌きは観ていて気持ちの良いものです。

所謂、『蕎麦通』の方々がわくわくするようなタイプの店ではないですが、正しいニッポンの食と商道を体感できるお店としてお奨めいたします。夕方からは、酒を嗜むお客さんも多く、その品書きも豊富ですから是非・・・。また、場所柄ご相席のお隣さんが何処かで見たような人である確立も極めて高いですから、俗人としてはこちらも愉しみなのです。

|

« 1960年代のマーク・シンボル | トップページ | とある、四谷の自転車屋さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/10570153

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦 田園調布・兵隊家:

« 1960年代のマーク・シンボル | トップページ | とある、四谷の自転車屋さん »