« 鈴木信太郎・窓の静物 1959年 | トップページ | 新宿『風紋』・林聖子さん »

2008年3月21日 (金)

広重・深川八幡山開き

HuNhytiCtiu 082_2 現在の富岡八幡宮一体は、その別当である永大寺が隅田川東岸では最大の寺院を形成していて、その景観も別格であったそうであります。

永大寺の庭園を描いたこの版画と同じ景観は少なくとも明治頃までは望むことが出来たようですが、今では、川風に涼むこともなく、ここも水の都の美しさは消し飛んでしまいました。

山開きと題された意味は旧暦3月21日、真言宗の開祖・空海の命日から数日開放される期間のことを、山開きと呼んでいたそうです。

今では若い世代にとって旧いものにこそ新しさを感じるのか、休みともなると若い方が富岡八幡の門前を中心に賑わっていますし、毎月行われる縁日もなかなかの盛況です。

今年8月に開かれる祭りは3年に一度のビッグ・イベントですし・・・、江戸のいなせと粋を浴びるには絶好の機会であります。

|

« 鈴木信太郎・窓の静物 1959年 | トップページ | 新宿『風紋』・林聖子さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/10227585

この記事へのトラックバック一覧です: 広重・深川八幡山開き:

« 鈴木信太郎・窓の静物 1959年 | トップページ | 新宿『風紋』・林聖子さん »