« 新宿『風紋』・林聖子さん | トップページ | 自由が丘・茶乃子 »

2008年3月23日 (日)

赤坂・SAKAS

Rimg7874_2 Rimg7875_2 Rimg7854_2 Rimg7933_2 Rimg7943 絶好の快晴が約束された土曜日は、早朝に駒沢を出発して、桜前線の模様を調べるため、青山墓地・紀尾井町・千鳥が淵・靖国神社・本郷・上野を回ってみましたが、どこも蕾は膨らんでいるものの開花はまだの様子、来週末が見ごろとなりそうです。風も無く絶好のランニング日和でもあり、皇居はランナーラッシュの様相を呈していていましたが、春の到来を告げる穏やかな天候に、皆さん、ご機嫌な顔をしていました。久しぶりに神保町・揚子江飯店で早めのランチを済ませ、帰路に着こうと思いましたが、又、ミーハーの虫が眼を覚まし、『赤坂・SAKAS』に向いました。

半蔵門から麹町・紀尾井町・赤坂見附を抜け、青山通りからコロンビア坂を経由して到着しましたが、コンパクト・シティとよばれる多機能融合のひとつですが、所謂、文化・商業開発的コンセプトよりTBSの息のかかったイベント主導型の集客装置の意味合いが強そうです。汗が出るほどの暑さでしたが、日陰のような逃げ場もなく、三井不動産の開発だけにランドスケープのつまらなさは東京ミッドタウンと双璧であります。ただひたすらセレブもどきを待ちわびる人様の間を掻い潜り、乃木坂通りに出ると、いまだ地上げに屈しない意地の和風住宅が健在でありました。

Rimg7850Rimg7848インスタレーションとさえ思えてしまう東側のトタン板は、まるでSAKASをあざ笑うがごとくの風格さえ覚えます。ほとんどの外国人がこの家の前で記念写真を撮っているのも、何か象徴的でさえあります。さらに、乃木坂通りからみれば、この意地の住宅が、わざわざ汚く仕上げた洒落た今風の和風レストランとさえ、思えてしまいます・・・。

|

« 新宿『風紋』・林聖子さん | トップページ | 自由が丘・茶乃子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/11658160

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂・SAKAS:

« 新宿『風紋』・林聖子さん | トップページ | 自由が丘・茶乃子 »