« スイスポスター・スイス国鉄1928年 | トップページ | 時計あれこれ »

2008年4月13日 (日)

ケアンテリア通信・1

Rimg8752 最近の、都心の商環境は、メッセージ性より売上重視のゾーニングのマンネリ化・ブランドの先行きの見通しがグレーゾーンに突入してきた・・・などの状況下、新しい切り口と活路を見出せないようであります。

例えば、自由が丘の街もご他聞にもれず、以前にも増して店舗の入替が頻繁となってきましたが、どこも、品揃えから販売員の立振舞いにいたるまで、新鮮味に欠けた、もどかしい店ばかりであります。

そんな中、先月末、自由が丘にIDEE Shopがオープンしました。http://www.idee.co.jp/shop/jiyugaoka/ 自由が丘店は、これまでのような、IDEEらしい、ちょっと引っ込んだ場所でなく、渋滞する道路の信号角ですから、客足の途絶える事がありません。以前、玉川高島屋・ガーデンアイランドにあった頃のコンセプトと、青山本店の感性を引き継ぎ、ライフスタイルショップの魁に恥ずかしくない佇まいを振りまいています。

最上階のカフェには外階段もありますが、やはりエレベーターを使う方ばかりで、この日、犬連れで、ちょっと気が引けましたが、相乗りさせてもらいました。4階のカフェはモダンな空間となっていて、私の好みではありませんし、犬連れの訳もあって、外のテラスで一服しました。テーブル・椅子ともに、此処だけは、IDEEらしい感性の野趣な仕上げとなっていて、犬をテーブル上に乗せても、店の方にひとこと言われることもなさそうです。

今年で、13歳になるケアーンテリアの雌犬・プリンは、私に似て、出かけることが大好きで、車の中に数時間放置しても、まったくおとなしくしていますから、殆ど、何処に出かけるにも一緒で、都合で家に置いていかねばならない時も、じっと玄関で帰ってくるまで、待っています。

私は、玉川高島屋・ガーデンアイランドのペットショップ、JOKERの店長・丹下さんの指導を受け、見よう見まねでグルーミングを自分でやります。最初はハサミを使ったカット主体でしたが、どうも上手く行かず、ある時期から、毛抜き主体に方針変更してから、毛艶もよくなってきました。

最近のペットショップには犬専用の多種多様な道具やフーズも増えてまいりましたが、この傾向は少し過剰な状況であること、間違いなさそうです。

願わくば、IDEE Shopにも、他所とは一味違った、それでいて、下品でない首輪やリードが、さりげなく置いてあれば・・・と、思った次第です。

|

« スイスポスター・スイス国鉄1928年 | トップページ | 時計あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/20181203

この記事へのトラックバック一覧です: ケアンテリア通信・1:

« スイスポスター・スイス国鉄1928年 | トップページ | 時計あれこれ »