« 富士山のオンパレード・大屋書房 | トップページ | 広重・日暮里 諏訪の台 »

2008年4月 6日 (日)

もうすぐ絶景?

Lkicdru 晴れた週末であればその殆どを自転車ツーリングで明け暮れていた1965年頃、杉並区の久我山から狭山湖方面に初めて向かってみました。

今となってはさほどの距離も無いのですが、高校生の頃はとても遠くに感じましたし、狭山湖という響きがとにかく遠い世界のような印象をもっていました。久我山から西荻・吉祥寺を抜け、田無から東村山辺りに来るとなんとなく不安な気持ちもしてきました。季節は新緑も眩しい4月下旬でしたから気分も爽快でぐんぐん飛ばし、気が付けば今、自分がどの辺りなのかも分からず不安が増長していきました。そしてこのFrank Pattersonさんの挿絵のような場所に出たのですが、その先がどういうところなのか分からず、かなり心配になってきましたが、自転車を押して上りきると嘘のように展望が広がり、近くの路傍にひっそりと佇む曰くありげな石碑を見ると『将軍塚』と書かれていました。由緒もまともに分かる筈もなく、そのまま尾根道を快適に下ると西武園駅近辺に出る事ができました。この経験があって自転車に最適な自分の道として度々単独で走ったり、隣のクラスメート・中村浩二君を誘って出かけたりしました。途中の茶畑など今やその名残もないのでしょうが、1965年頃はまだまだ長閑で牧歌的な景観にあふれた眺望を見渡せる場所が其処彼処に存在していました。Bgo 下の写真は将軍塚の下に降りて撮影したもので、中Sitdrt 村浩二君の撮影によるナイス・ショットであります。

さてこの場所ですが、宮崎駿監督の映画『となりのトトロ』で登場する「七国山」のモデルとなったところで、八国山緑地 http://www.tachikawaonline.jp/walk/higashimurayama.htm と呼ばれています(何故八国かといえば、上野・下野・常盤・安房・相模・駿河・信濃・甲斐が一望に見渡せたからだそうです。)又、将軍塚は鎌倉幕府追討のため、鎌倉街道を南下して久米川の戦い(1333年)に勝利した新田義貞が陣を張ったところだそうです。

|

« 富士山のオンパレード・大屋書房 | トップページ | 広重・日暮里 諏訪の台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/6486313

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ絶景?:

« 富士山のオンパレード・大屋書房 | トップページ | 広重・日暮里 諏訪の台 »