« 黄菖蒲がいっぱい!。 | トップページ | 広重・四日市・無風の風! »

2008年5月19日 (月)

鈴木信太郎・春の瀬戸内海 1969年

20 鈴木信太郎が1969年、74歳の時に旅行した瀬戸内海を描いた一枚です。瀬戸内の輝く明るさが画面にも乗り移っているようで、観る者に穏やかな気持ちを呼び寄せてくれます。この頃は伊豆方面に自分の好みの画題が見つかったかのように頻繁に出かけていて、瀬戸内海の画題がついた作品は稀少です。

春に相応しい色感に彩られた画面はもう何も言うことがないほど、自然の恩恵をたっぷりと注がれたようで、この絵を飾っておけば誰しもが、和やかな雰囲気となること間違いないですね。この絵にも鈴木信太郎の遊び心が十二分に発揮されていて、例えば畑の中に見える抽象的な形態などはおそらく実か花を咲かせている木なのでしょうが、このセンスなどは鈴木だけがまとめることの出来る捉え方です。

絵の世界には夫々の作家の考えが如実に表れていますが、鈴木信太郎の画趣には、そんな了見の狭い枠を超えた楽しさに満ち溢れているからこそ、いつの時代となっても色褪せないのでしょう・・・。

|

« 黄菖蒲がいっぱい!。 | トップページ | 広重・四日市・無風の風! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/8309893

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木信太郎・春の瀬戸内海 1969年:

« 黄菖蒲がいっぱい!。 | トップページ | 広重・四日市・無風の風! »