« 自由が丘・九品仏緑道 | トップページ | さじみさ さんのガラス »

2008年5月14日 (水)

まだ健在です!。

Rimg9525 世田谷・弦巻界隈を自転車で抜けている途中に見つけた、この住宅のタイプは、昭和30年代に最も普及していたような典型に思います。

今では、消防法という大義名分の下、このような住宅は作りにくいのかも知れませんから、さほど遠くない頃に、壊される運命なのでしょうか。さらに、人の住んでいる気配も無さそうですし、ひょっとすれば、あっという間に取壊されて跡形もない・・・ということさえ、無きにしも非ず、です。

躯体・屋根瓦・板塀の三点がみごとに同時代的に揃った昭和の残照は、そうあるものでは、ありません。

絵本『ちいさいおうち』の最後のページにも匹敵するこの状態ですが、例えマンションになるとしても、隣地との境界の狭さからして、日照権などなど、多くの課題を背負っていそうであります。

ちいさいおうち Book ちいさいおうち

著者:ばーじにあ・りー・ばーとん,いしい ももこ
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 自由が丘・九品仏緑道 | トップページ | さじみさ さんのガラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/20871484

この記事へのトラックバック一覧です: まだ健在です!。:

« 自由が丘・九品仏緑道 | トップページ | さじみさ さんのガラス »