« 遠足は、なにより弁当です。 | トップページ | 時計あれこれ・・・! »

2008年5月 8日 (木)

ロンドンの掘出物・銀スプーン

Rimg1411 Rimg1409 1986年・英国はバーミングハムギフト&ホビーショーに買付けの終った後、一日の休みを有効的且つ効率的に動こうと考え、友人のまた友人であり、当時はまだロンドンのアバンギャルドな女流カメラマンとして活動し始めたばかりの高木由利子さんに一日コーディネーターをお願いしてロンドン中のホットスポットを案内してもらいました。高木さんは根っからのヴィンテージ好きでしたからその方面を重点的にお願いして観光客相手のマーケットからちょっと格式の高いドアマン付きの店まで駆け回りました。

彼女の友人でもあったポール・スミスさんのお気に入りという店で購入したのが、この銀製のスプーンです。いかにもそれらしい箱に収まった5本のスプーンは槌目の跡も美しく、日本の急須にも似た風情があります。やや小ぶりで、今もよく使いますが、すぐ曇ってしまうのが難点であります。ところが最近のテレビ番組で「銀磨きなど必要なく・・・消しゴムさえあればピカピカになりますよ!」ということを知って、それ以来、銀製のものを磨くのが億劫にならなくなりました。

|

« 遠足は、なにより弁当です。 | トップページ | 時計あれこれ・・・! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/7789250

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンの掘出物・銀スプーン:

« 遠足は、なにより弁当です。 | トップページ | 時計あれこれ・・・! »