« 信州便り・旧 志賀高原ホテル | トップページ | 二子玉川・粛々と進行中 »

2008年6月30日 (月)

信州便り・上林温泉 せきや

Rimg10450 Rimg10458_2 志賀高原からの帰り道、ふとあたまを横切ったのが、「温泉に行こう!!!」、ということでした。昼間の間、いくら高原とはいえ、犬の追廻しなどで、汗も半端なくかいてしまい、ジーンズに脚がぴったりくっついてしまうのも運転に支障ありと感じ、さあ、何処へ行くかと車を止めて考えました。

思い出したのは、渋温泉・湯田中温泉でしたが、確か源泉・地獄谷に近いのは、上林温泉だということを思いだし、早速、現地に向かいました。土曜日だというのに、車もがらがらですから、下りを一気に駆け下り、あっという間に到着しました。いわゆる観光地としての温泉というよりも、相当立派な外観の温泉旅館が軒を並べていますから、日帰り入浴を営業しているところが少なく、ようやく『せきや』http://www.yuyadosekiya.com/という温泉旅館が日帰り入浴オーケーということで、入りました。入口から一家のロビーまで懐かしい籐椅子が並び、そこを抜けて、新緑が前面に展開する露天風呂目指し、一目散のような気分で、誰も居ない貸し切りのお湯に飛び込みました。その瞬間、「あっちっち!!!」という声が思わず出てしまい、又、外に飛び出してはシャワーで水を掛け冷却しました。後で知ったのですが、此処のお湯は源泉の直ぐ傍だけに48度以上になるときもあるそうですから、気をつけねばなりません。脇にある蛇口から水を放出してしばらく待ちの状態でしたが、適温となり身体を沈めました。最近はぬるい湯にゆっくり入るのが身体に良いとのことですが、わたしは無類の「熱い湯派」ですから、ここのお湯はぴりっとメリハリが利いて、私の性格にうってつけです。

すっかり熱くなった身体を冷ましに、ロビーで定番の牛乳をいただき、すっかり気を取り戻して、小布施に戻りました。

|

« 信州便り・旧 志賀高原ホテル | トップページ | 二子玉川・粛々と進行中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/21836729

この記事へのトラックバック一覧です: 信州便り・上林温泉 せきや:

« 信州便り・旧 志賀高原ホテル | トップページ | 二子玉川・粛々と進行中 »