« 虎屋・滋賀の里 | トップページ | 多摩川のお休み処 »

2008年6月21日 (土)

御茶ノ水・文化学院

Rimg9929 Rimg9930 Rimg9932 Rimg9937 Rimg9941 御茶ノ水・マロニエ通りは、何といっても文化学院の素晴らしい建物があったからこそ、独特の落ち着いた街並みを形成していましたが、此処も、取壊されて、新しい環境に変わりました。多くの学院関係者の努力で、象徴としてのアーチは保存されましたが、以前の中庭を見通すことのできた、優雅なアプローチ景観はなくなってしまいました。

それでも、何とか以前の雰囲気を可能な限りで遺そうとされた関係者の努力は、各細部の素材や形状にも表れていて、嬉しい気持ちになります。

以前の環境ですと、自転車で此処を通りかかって、ちょっとアーチをお借りして、中庭を望みながら涼を求めましたが、今は、その風は抜けにくくなっていますから、そこだけが残念なのであります。

それでも、よくぞ小さいながら、以前の優雅なモダン昭和の残像を守ってくれたものです。

あとはまだ養生中の植栽が元気になって、入口界隈に爽やかな緑の一角が誕生すれば、経営が変わったとしても、文化学院の育んだ多岐に亘る人財(人材)とともに、この環境の大正・昭和の余韻は、消すことができないのです。

|

« 虎屋・滋賀の里 | トップページ | 多摩川のお休み処 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/21357056

この記事へのトラックバック一覧です: 御茶ノ水・文化学院:

« 虎屋・滋賀の里 | トップページ | 多摩川のお休み処 »