« これも紫陽花ですか?。 | トップページ | 目黒・MEISTER »

2008年6月12日 (木)

シアサッカーのジャケット

Jpeterman_company 45年ほど前、ヴァンジャケットのシアサッカーのジャケットを初めて見た時、その清清しいスタイルに虜となったご同輩は多く、一時期の銀座や黎明期の原宿は、このジャケットと黒のニットタイを締めた学生で溢れていました。このジャケットに合わせるスラックスは殆どの学生がチノクロスのものを穿いていましたが、モダンな感性の輩はグレーのサマーウールのスラックスを穿いていたりと、今の学生と比較するのは申し訳ありませんが、随分と、身なりがきちんとしていました。その後、1970年代に入ると、このタイプの風俗は一気に下火となりだして、ヒッピーカルチュアが主導権を握り、町中にベルボトムジーンズに厚底ブーツという、奇妙な風俗に席捲されました。

さて、今もわざわざ手描きのイラストレーション・カタログが秀逸な、J.Peterman Companyの今年の夏のカタログhttp://jpeterman.com/に、この清清しいシアサッカー・ジャケットがセルリアンブルーの色彩で登場しています。J.Peterman Companyはかなり正統的服装を売りとしているブランドですから、中には、ちょっと古臭さを感じざるを得ないアイテムもありますが、そのシーズンごとにスポットとなるようなアイテムが、比較的今風の趣きを以って、登場します。このジャケットなども、今風のパターンが両脇あたりのシェープされた雰囲気に表れています。

このカタログで表現されるアイテムはほぼ全てが、不透明水彩で描かれていて、その画趣は不動の調子を守りきっていますし、ファッションを知り尽くしているであろう、このイラストレーターに、敬意を表したいほどの、美しさであります。

さて、今年の夏のセレクトショップを見ていると、しばらく続いたストリート系の煩雑なファッションから、トラッド・アイビーをベースにした、きちんとしたスタイルのファッションを一捻りして、コンテンポラリーにアレンジしたブランドばかりですから、時代の方向も、お気楽な様相から一変して、一気に生真面目な方向に変わりだしたのかも知れません。Csgji 02

|

« これも紫陽花ですか?。 | トップページ | 目黒・MEISTER »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/21305419

この記事へのトラックバック一覧です: シアサッカーのジャケット:

« これも紫陽花ですか?。 | トップページ | 目黒・MEISTER »