« アルフレッド・ウォリス『干潮』 | トップページ | 広重・古川橋 »

2008年6月 7日 (土)

SKAGENのCHRONOなのだが

Rimg5796 以前に購入したSKAGENのシンプルな腕時計は、そのデザイン完成度の高さと価格のバランスに感激して愛用してますが、その殆どが自転車ツーリングの佳き友としての役目に終始しています。

そこで又、調子に乗ってCHRONOGRAPHの顔つきをしたチタン製のものをネットを介して何と¥13,000台で購入できましたが、この価格は店頭のほぼ半額であります。

ネットで購入すると翌日午後には到着し、早速装着してみましたが、たいへん軽量で、むしろこちらの方が識時性を含めて、自転車には最適であります。

しかしうっかりしていたのですが、クロノグラフとばかり思い込んでいた部分が曜・日と時刻であったのに気付き、残念ながら失敗でありました。ネットを介した買物にはこのような自らの勝手な思い込みから来る早とちりの失敗がつきものですから、くれぐれも実物を店頭で確認してからに、いたしましょう・・・。

|

« アルフレッド・ウォリス『干潮』 | トップページ | 広重・古川橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/9595907

この記事へのトラックバック一覧です: SKAGENのCHRONOなのだが:

« アルフレッド・ウォリス『干潮』 | トップページ | 広重・古川橋 »