« 広重・両国宵月 | トップページ | 代官山・ヒルサイドテラス »

2008年8月19日 (火)

鈴木信太郎の『伊豆の漁村』・1963

23 晩年の鈴木信太郎は多くの伊豆の風景画を描いていて、年を重ねる毎に、色・構成ともにシンプルとなっていきます。

この『伊豆の漁村』と題された一枚は、バイオレットを含んだブルーの空の色が特徴で、鈴木には珍しく、遊び心に溢れた雲ひとつない空模様です。この空の色に彩度・明度ともにみごとに合った港風景が鈴木信太郎独特の緑色をベースに展開しています。深く静かな景色なのに、光を感じ、何ともいえない清潔な印象を与えてくれます。さらに、画面構成も右手前の家の屋根を強調して描いてますから、画面が遠くまで広がりをもっていますし、遠くの漁村の家をキュービックにまとめて抽象化していて、漁村のもつイメージとは遠いモダンな画趣に仕上がっています。これも、鈴木信太郎の画面采配魔術の典型の一枚でしょう。

|

« 広重・両国宵月 | トップページ | 代官山・ヒルサイドテラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/7027285

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木信太郎の『伊豆の漁村』・1963:

« 広重・両国宵月 | トップページ | 代官山・ヒルサイドテラス »