« 1963年・自転車合宿 | トップページ | 自転車ショップ・成城 BEX ISOYA »

2008年8月 4日 (月)

便利この上なし!

Img_8268 建築家・秋山東一さんに、薦められて昨年購入した、RICOH Caplio GX100は最初、その細かな使い勝手に頭がついていなかったのですが、ようやく、スペックを自在に扱えるようになり、毎日、肩に下げたり、鞄に容れたりして、持ち歩いています。

いわゆる、マーケットニーズを組み入れたデジタルカメラというよりも、こてこての、技術屋集団の執念の結果のようなモノですから、それなりに、使い勝手にも面倒くさいこと、多々あって、ファインダー交換の際の薄い板状の部品はよく落としますし、レンズキャップは一発で付きませんし、レンズ交換の際の面倒くさい部品取り付け・・・、など、いらいらすることだらけなのです。ましてや、夜間の撮影や、人に委ねて撮影を依頼するときなど、何処を外したり、押せばよいのか分かりづらいこともあって、遂に市販の白ラベル3㍉の○を貼り付けました。夜間でもハッキリ、認識できて、便利なものです。

そんな、試行錯誤が続いている頃、やはり、秋山東一さんのブログに登場した、Manfort"Modopocket No 797"に一目ぼれ。これを扱っているサイトから、当時一番価格の安いところを見つけ、¥2000台で購入しました。現在も価格の差は大きいので、欲しい方はしっかりと調べてから、購入されることを願っています。この道具、しっかりした構造と素材が嬉しく、イタリア製なのに、ドイツ的な風貌ですから、ちょっと自慢気な気分であります。それよりも、『自分ひとりで人の手を借りずとも、記念写真が、いつでもどこでも、』といったことが、画期的なのです。折りたたみのしっかりしたヒンジといい、コインで開閉する赤いネジといい、これひとつで、ぐっとRICOH Caplio GX100が洒落者と成り代わりました。

Manfort"Modopocket No 797"に関して。

http://landship.sub.jp/stocktaking/archives/002015.html

http://madconnection.uohp.com/mt/archives/001540.html

http://leicam8.exblog.jp/8677657/

|

« 1963年・自転車合宿 | トップページ | 自転車ショップ・成城 BEX ISOYA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/22681805

この記事へのトラックバック一覧です: 便利この上なし!:

« 1963年・自転車合宿 | トップページ | 自転車ショップ・成城 BEX ISOYA »