« エドワード・ホッパー・Tables for Ladies,1930 | トップページ | 池田弥三郎・『ふるさと日本』 1972 »

2008年9月30日 (火)

高岡・日和

Rimg12830 Rimg12822 Rimg12826 Rimg12823 Rimg12833 約、一ヶ月ぶりの富山県高岡です。この日は、朝から一気に冷え込み、東京駅7時48分発・とき307号に乗り込み、11時33分高岡着の定番列車に乗り込みました。タカタレムノスの、企画・ディレクションを決め込む打合せでしたから、往きの車内で頭を整理しようと思ってましたが、車内はぎっしり!、そんな余裕などなさそうで、見回すとこれも定番の中高年伯母様軍団に占拠されていて、車内は元気印の笑いにどっぷりと浸かり、こちらは肩身の狭い気分で、越後湯沢まで辛抱・辛抱!!!、なのです。

この日の夜は、愉しみにしていた『日和』での宴でしたから、往きの車内の喧騒の不愉快さも消し飛び、静かなひとときを、シンプルにして温かみのある料理を通して、堪能いたしました。

この日の献立は

●先付 夏鰯牛蒡酢入り 青ねぎ・糸唐辛子

●お凌ぎ 紅ずわい蟹にぎり鮨 蟹味噌・がり生姜

●小鉢 里芋美味煮 針柚子

●お造り 平目 鰆 あおり鳥賊 あしらい一式

●温物 湯松茸 ほうれん草 半月レモン

●焼物 赤鯥 染下し 酢取り茗荷 酸橘

●強肴 とらふぐ唐揚 皮(猪口入り)ちり酢

●酢物 牛肉 焼き松茸 ポン酢和え

●食事 きのこ 玉子雑炊

銘柄は忘れましたが、九州の麦焼酎は絶品でした・・・。

|

« エドワード・ホッパー・Tables for Ladies,1930 | トップページ | 池田弥三郎・『ふるさと日本』 1972 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/24121501

この記事へのトラックバック一覧です: 高岡・日和:

« エドワード・ホッパー・Tables for Ladies,1930 | トップページ | 池田弥三郎・『ふるさと日本』 1972 »