« 明るい醸造所・アイルランド | トップページ | 三井記念美術館の鉄の威厳 »

2008年9月11日 (木)

銀座らしさが戻ってきた。

Rimg12479_4Rimg12476Rimg12477   すっかり海外のメガブランドに席捲され、世界どこでも標準化された品揃えとイメージ展開に僻々していた皆さんも、多かろうかと存知ますが、ようやく銀座にも、品位と簡素、そして日本独自のカワイイを組み入れた、所謂、トラッドなファッションがこの秋、目立つようになりました。

このファッションの世界は、同じトレンド(傾向)でも各メーカーによって、味付けが千差万別ですから、当然、大当たりもあれば大外れもあり、その格差たるや、喜劇・悲劇なんてものではありません。以前ですと大手小売業の担当者の販売企画の方向を探るべく、各メーカーは情報収集に金に糸目をつけないことがありましたが、今や誰しも清廉潔白を求められ、逆にどの店も、代わり映えのない、無難な物販業と成り果ててしまいました。

銀座二丁目のこの店は、品の良いクラシックな中に、今、業界のメガトレンドである、Girlishを隠し味にしています。手づくりのよさも見え隠れしていて、いかにも、ちょっと昔の銀座で観られた、きちんとした親子連れのお客に受けそうな趣きです。

いわゆる渋谷109系のファッションが渋谷のみならず、全国の若い女性のハートをくすぐり、朝の通勤ラッシュ時から車内が妙にキラキラした、派手な環境となってしまい、おじさんたちは目のやり場に困っていたことでしょうから、このような、落ちついたファッションが戻ってくると、ほっとするのであります。

|

« 明るい醸造所・アイルランド | トップページ | 三井記念美術館の鉄の威厳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/23619504

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座らしさが戻ってきた。:

« 明るい醸造所・アイルランド | トップページ | 三井記念美術館の鉄の威厳 »