« 弦巻の穴場・向井潤吉アトリエ館 | トップページ | 1967年・モンテカルロ »

2008年9月 1日 (月)

朝の用賀駅

Rimg11247 Rimg11246 Rimg11249 雨の日の犬の散歩には、犬用のレインコートを着せればわけないのでしょうが、あのちぐはぐとした犬の動きが気の毒でありません。

田園都市線・用賀駅上の世田谷ビジネス・スクェアは雨でも散策できる場所のスペースが広く取られ、スキップフロアの躯体のおかげで、風通しも良すぎるほどよく、ビル風とのシンクロによってはゴーゴーと唸る風音で、不気味な雰囲気さえも演出します。

雨の日は、よほどのことがなければ犬連れの散歩を兼ねて、この用賀駅に行き、独特の空間を楽しんでいます。既に、15年ほど経ったのでしょうが、今ではこのようなしっかりした素材をふんだんに使った建築にもお目にかかることもなく、ラスティックな素材感のもつ温かみを堪能しています。全体がモノトーンなお陰で、四季折々の自然環境との調和も美しく、花そのものの美しさを効果的に見せてくれます。また、オフィス棟のもつ華麗でシンプルな造形は朝の光を受け、独特の品格を保っていますし、ここを抜け、環状8号線沿いにある京セラ・住友3Mのオフィスに通う皆さんも、この環境に、まんざらでもなさそうです。

バブル時期に決定されたからこその、モダン贅沢環境ではありますが、浮ついた建築家の、独りよがりの貧相造形とは格の違いを見せ付けた、アーキテクトファイブhttp://www.architect5.co.jp/に、感謝・・・。

|

« 弦巻の穴場・向井潤吉アトリエ館 | トップページ | 1967年・モンテカルロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/23186950

この記事へのトラックバック一覧です: 朝の用賀駅:

« 弦巻の穴場・向井潤吉アトリエ館 | トップページ | 1967年・モンテカルロ »