« Pt.Alfred 正しい店の姿。 | トップページ | 空也・秋涼の候・・・。 »

2008年10月 7日 (火)

The Kngston Trio ニックさん死去

03reynoldsinline15001 The Kingston Trio のNick Raynoldsさんが10月1日、75歳で亡くなられました。

青春時代の思い出の中でも、ひときわ、その音楽、ライフスタイル自体に、多大な影響を受け、いわゆる、IVY LOOKと称される、一連のキャンパスファッションの隆盛は彼らがあってこそ、日本中に拡散していったのですから・・・。あの、コットンパンツ・白いスニーカー・ボーダーストライプシャツ・・・、当時、キングストントリオの健康的な姿は他の音楽ジャンルには見られないもので、その新鮮さは、あっという間に町中に広まったのでした。

1958年のTom Doolyの大ヒットにより、世界中にそのシンプルで知的で力強い演奏は知れ渡り、やがて1961年に来日し(一般的にキングストントリオの来日は1965年とされてます。1961年は米軍基地のみの公演で、一回だけテレビ中継がありました。)、テレビ中継された時には、私も学校から走るように帰り、画面を食い入るように見入っていました。初めて見るギター・バンジョー・ベースというシンプルな構成は無論のこと、トリオの中で、ニックさんのかすれた高音の歌いっぷりと、陽気なキャラクターに惹き込まれ、その後、同級生の中でも、キングストントリオがダントツの人気だったのです。同時期にベンチャーズ・ビートルズも登場してきますが、リベラルなインテリ層を含め、大半の学生は圧倒的にキングストントリオ支持派が多く、高校時代は、ブラザースフォーと共に、フォークソングの人気を二分していました。ほかにPPMというグループもありましたが、ちょっとヨーロッパの香りがして敷居が高すぎるのと、サウンドがお洒落すぎていて、比較的、文武両道であった輩の大半は、キングストントリオ・ブラザースフォーに傾いていたのです。キングストントリオはブルーグラスサウンド・カゥボーイソング・カリビアンミュージック・・・と、アメリカン・エスニックミュージックの殆どを独自の味付けとして昇華し、静かな曲趣、元気な曲趣ともに、人間の発する音楽として最小の構成ながら、聴き応え十分でありました。

今でも、i Podに70曲ほどのキングストントリオの曲を収録してありますが、自転車で快走するときは、加速を後押しするBGMとして欠かせないグループであります。そのドライブのかかったサウンドは、40年以上経っても古くなく、むしろ、元気をいただくという意味において、アリナミン同様、益々、私世代の永遠の私的常備薬なのであります。

You Tubeでニックさんを偲んでいただければ・・・。http://jp.youtube.com/watch?v=3VMSGrY-IlU

|

« Pt.Alfred 正しい店の姿。 | トップページ | 空也・秋涼の候・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29019/24287186

この記事へのトラックバック一覧です: The Kngston Trio ニックさん死去:

« Pt.Alfred 正しい店の姿。 | トップページ | 空也・秋涼の候・・・。 »